女性更年期

女性の更年期障害について

女性の更年期障害は、加齢や閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の急激な欠乏が大きく関係しています。エストロゲンは月経・妊娠などの機能や乳房・女性器の成長、肌質・髪質といった女性特有の身体を作るホルモンですが、閉経前後(40~50代)に分泌量が大きく減少します。エストロゲンの分泌が減少すると、脳はホルモンバランスを整えようとしてエストロゲン分泌を促進するように卵巣に指令を出しますが、卵巣は機能が低下しているためエストロゲンを出すことができなくなっているため、身体がパニックになり、心身に様々な不調が起きるようになります。さらに更年期障害には家族関係、仕事などの社会的因子も複雑に絡まって起きるものと言われており、症状には個人差があるため、一人ひとりにあった診察・治療が重要になります。

女性の更年期障害によって起きる症状

  • ・のぼせ、ほてりや、急に汗が沢山出てくることがある
  • ・激しく動いたわけでもないのに動機がする
  • ・暑くないのに急に顔が真っ赤になることがある
  • ・原因不明の頭痛、腰痛、肩こりが続いている
  • ・口の中が乾燥する、のどが渇く
  • ・朝起きた時などに手足がしびれる
  • ・なぜかイライラすることが多い
  • ・めまいや耳鳴りがある
  • ・寝つきが悪い、眠れない
  • ・食欲がない

薬に頼らないホルモン療法

現在当院では、天然ホルモン療法を始め、薬に頼らない更年期障害治療を取り入れています。ホルモン様作用のある薬による治療ではなく、天然成分を使用しているため服用による副作用などを最小限に抑えることができます。また点滴療法や各種サプリメントを処方し、身体の内部からホルモンバランスを整えていきます。

一般的な更年期障害治療

  • 内服薬による治療
  • 抗うつ剤、抗不安剤など
  • 漢方療法

当院の更年期障害治療

  • 天然ホルモンによる治療
  • 各種点滴療法
  • サプリメントの処方

治療費の目安

ホルモン剤による治療 16,500~64,020円
ホルモン検査 28,600~91,190円
オンライン診療 15分 5,500円
来院でのカウンセリング 15分 11,000円

具体的なホルモン療法の種類についてはこちら